弁護士費用特約について


適切な示談金の受け取りのため、弁護士のサポートを受けたほうがいいというのは理解できたものの、弁護士に依頼するのは多額のお金がかかるイメージが強いという人は多いでしょう。この点に関してですが、加入している保険に弁護士費用特約が付帯していれば、問題は一気に解決します。

加害者側との示談交渉などを依頼した際に生じる弁護士費用を、自分が契約している任意保険会社が負担してくれるというのが、弁護士費用特約です。自分が加入している保険でなくとも、パートナーや一緒に暮らしている親族、別のところで暮らしている両親(未婚の場合)、交通事故被害を受けた車両の所有者が保険に入っていれば、この特約を利用することができます。ほとんどの任意保険会社の弁護士費用特約の上限額は300万円に設定されています。発生する弁護士費用をこの特約でまかなうことができるため、付帯していれば安心して相談・依頼することができるでしょう。

また、特約がなくても、法律事務所によっては、弁護士費用以下の賠償金増加額となった場合、足りない分の弁護士費用は不要、相談や着手料無料、後払いに対応しているところなど、費用に関する問題を解決してくれるようなサービスを提供しているところがありますので、費用の面で心配な人は、こうしたしくみのある法律事務所を候補にするとよいでしょう。