解決までの流れ


交通事故問題の解決のため、示談交渉などを弁護士に依頼する場合には、まずは相談するところからはじまります。電話やメールのほか、直接事務所へ行く、出張して来てもらうといった具合に、法律事務所によって対応している相談方法は異なります。都合のいい方法が採用されているところを候補にしましょう。

ここで見込まれる後遺障害等級、正当な損害賠償額や、解決までの流れや戦略、弁護士報酬の説明などが行なわれます。その場で契約をする必要はなく、いったん持ち帰って検討しても問題ありません。納得がいけば委任契約を交わします。契約書の取り交わしは、直接だけでなく郵送の方法に対応しているところもあります。

契約後は事件対応に移りますが、加害者側との交渉はすべて弁護士が行なってくれます。治療中に不可欠な検査の助言、保険会社による一方的な治療費の支払い打ち切りへの適切な対応も行なってくれます。また、有利な後遺障害等級を獲得するための決め手となる後遺障害診断書の適切な作成と厳しいチェック、自賠責保険基準、任意保険基準より高額な弁護士・裁判基準での損害賠償額による加害者保険会社との交渉を行なってくれます。

示談が成立すれば示談書を取り交わし、賠償金の支払いが行なわれて解決となります。ただ、加害者側の提示金額が納得のいかないものであった場合には、裁判外紛争解決手続き(ADR)、調停、訴訟などの強制力のある手段に打って出ることを検討する形になります。