弁護士の選び方


どの弁護士に交通事故被害の示談のために仕事を依頼した場合でも、同じ結果が出るわけではありません。認定等級の結果、受け取れる示談金には、弁護士の力量が大きく影響します。そのため、弁護士選びは慎重かつ、できれば事故の被害に遭う前に良い弁護士を見つけておくことをおすすめします。

力量を推し量る要素としては、法律事務所が交通事故問題を得意としているかどうかです。法律事務所によっては、実績が掲載されていますので、チェックしてみましょう。交通事故問題を専門的に取り扱っているようなチームが作られていたり、各種学会に所属していたりすることも、交通事故問題を得意としているかどうかの判断基準の一つになるでしょう。

また、法律事務所によっては、事故の重さ次第では、相談や依頼を断られてしまうことがあります。主に弁護士報酬に対して、回収できる金額のほうが少なくなるようなケースでは、拒否されてしまう傾向があります。軽い怪我であっても、交通事故被害者の救済のため尽力してくれる法律事務所は存在しますので、仮にどこかの法律事務所に断られてしまった場合でも、諦めずに探してみることをおすすめします。なお、回収した金額に対して弁護士報酬が上回るケースでは、不足分の費用をなしにしてくれる法律事務所も存在します。